沸騰ブラドン バスケット 桜籠(さくらかご) 小林ミドリ 手編み 編みかご お洒落な洗濯カゴ アジアンモダン 雑貨 高級 民芸品 竹細工 新潟 自然 竹製 竹細工 木工細工 作家 おしゃれ 可愛い 手作りの美しいバスケット【新生活】-かご・バスケット







    桜籠(さくらかご)

    ■サイズ:幅260 × 奥行260 × 高さ125mm(295)
    ■素材:天然竹(笹神村)
    ■製法:手編み
    ■製造:新潟県阿賀野市

    フチがきれいな輪を描く、透き通ったデザインのバスケット。
    側面をよく眺めると、繊細な曲線やくびれが施されていることに気が付きます。
    そうした全体の優美で女性的な姿に、黒い竹ひごの輪がモダンなリズムを加えています。

    可憐なのに、シック。

    カウンターキッチン、バスルーム、日当たりのよい窓辺。
    コーヒー缶や紅茶缶の置き物として、お裁縫道具を入れる籠として。
    家事中に持ち運んで。タオルやシャンプーを入れてお風呂に。
    どんな場所でも静かな存在感を放つ、すてきな竹カゴです。


    新潟県阿賀野市今板地区(旧笹神村)は良質な竹に恵まれ、昔から竹籠作りが盛んだった地域。
    生活用品だった竹籠を独創的なデザインで美しく仕上げる技が認められ日本民芸公募展最優秀賞、
    新潟県知事賞、黄綬褒章など数々の受賞歴をもつ小林ミドリ竹籠店の工房は、今板温泉の近くにあります。
    現在も長女の曽我美代子と次女の山本幸子が母である小林ミドリの技術を継承し竹籠を編み続けています。
    小林ミドリ竹籠店は、これからも伝統的な技術と新しい発想から生まれる製品を作り続け、
    伝統技術の継承と現代社会にマッチした新しいモノづくりを発信してまいります。



    竹細工作家 小林ミドリ

    大正3年 :12月10日、新潟県北蒲原群笹神村大字今板において生まれる。
    大正13年:当時10歳の頃より父母(生粋の竹籠職人)の教えを受けて竹籠
         作りを始める。
    昭和47年:11月日本民芸公募展に初めて出品して最優秀賞を受賞する。
         この頃から今板の竹籠は生活必需品から価値観が変わり、繊細で
         美しい民芸品として次第に世の脚光を浴びるようになる。
    昭和50年:11月産業振興の功績により笹神村長より表彰される。
    昭和51年:11月日本民芸公募展にて二度目の最優秀賞を受賞する。
    昭和53年:この年より昭和55年の3年間連続して日本民芸公募展の「最優秀
         賞」を受賞する。
    昭和57年:笹神村の五頭温泉郷ゆかりの竹久夢二がデザインした画からヒント
         を得て独創的な竹籠を作り上げる。名付けて「夢二籠」である。
         その後この「夢二籠」は大変なブームを呼び、生産が間に合わな
         いほど注文が殺到する。
    同年 6月:五十有余年間竹細工の優れた技術を認められ社団法人日本民芸協団
         理事長より表彰を受ける。
    同年11月:卓越した技術者として「新潟県知事賞」を受賞する。
    昭和59年:11月14日、日本総理府より永年の功績を認められ宮内庁において
         「黄綬褒章」を受章し現在に至る。


    ご確認頂きたいこととお願い
    ・掲載されている商品の仕様が予告なく変更することがございますので、予めご了承ください。
    ・すべてが手作業の品ですので、記載されているサイズとはわずかな誤差が生じる場合がございますが、これも手づくりの良さとお考え頂き、末永くお使い頂ければ心より幸いでございます。


こちらの小林ミドリの作品群は現在、原料の「すず竹」の枯渇により製作に大変お時間がかかっております。お求めの際は一報ご連絡くださいませ。作り手さんと相談いたします。よろしくお願いいたします。

サムソナイト アメリカンツーリスター サウンドボックス 67cm EXP サマーブルー